グラニフ(Graniph)福袋2018年/中身ネタバレと予約方法

面白さや可愛さ溢れるTシャツがいっぱいの、Design Tshirts Store graniph(グラニフ)福袋。
2017年の福袋情報をお届けします。

グラニフ(Graniph)福袋予約サイト

グラニフ(Graniph)福袋2018年予約開始日は?

2016年は、年内の福袋の販売は1日だけという珍しい販売方式でした。2018年情報は分かり次第更新していきます。

《予約開始日の参考》
・2015年12月17日の1日限定

グラニフ(Graniph)福袋の中身は?

GraniphのTシャツはどれもファッション性がとても高く、そしてお茶目なものが多いので、福袋を開くときも一枚づつ開いてみるのが楽しみになりますよね。

1つのハッピーバッグにTシャツが7枚ほど入っているという大容量!さすがTシャツストアなだけあります。

Tシャツはいつの時期でも着れるファッションのマストアイテム。どれだけあっても困らないからこそ、福袋には期待が高まります。

襟付きのカジュアルなシャツも取り扱っているので、そういったものも入っているとより実用性も高くて良いですね。

>>グラニフ公式サイトを見てみる

グラニフ福袋の口コミ

最後に購入したのは2017年度のもので、来年も購入予定。
中身はだいたい長袖Tシャツ、半袖Tシャツ、パーカー、トレーナー等
Tシャツは普段からよく購入するものの、パーカーやトレーナーなどはなかなか手が出ないので、福袋に入っていることを願って毎年購入しています。
選べるのはサイズのみ。全て同じ紙袋に入っていて、中身は完全に見えないようにしてあるので、ドキドキです。
毎年家族で買いに行って、袋がパンパンに膨らんでいるものを選びます。そのほうがパーカー等が入っている気がして。
そしてお家に帰ってみんなで一斉に中身を出して一喜一憂。
女性も男性も着れるデザインのものばかりなので、気に入ったデザインのものがあれば家族内で交換交渉をするのも楽しみの一つです。
「これは絶対欲しい!」「これは絶対譲れない!」「これは私よりお母さんのほうが似合うんじゃない?」などなど多盛り上がり。
来年も楽しみです。(Design Tshirts Store graniphダイヤモンドシティソレイユ)
家族の背丈が似ている我が家は毎年メンズのSサイズ福袋を購入しています。
福袋の内容は、毎年似ているのですがTシャツが5~7枚程度と長袖Tシャツが1、2枚入っています。
父と母、女2人、男2人の4兄弟で分けると可愛いめのTシャツは女メンバーのもの、メンズっぽいものは男メンバーと全部綺麗に分けられます。
また欲しいものが被った場合はじゃんけんで争奪戦をします。我が家のお正月は毎年恒例のイベントになっています。
(イオンモール熊本)
年越しの花火を舞浜駅で見たあと、店舗へ直行しました。去年か、今年だったかは失念してしまいました。グラニフといえば面白Tシャツが有名でお値段もお手軽なお店です。ここの福袋が欲しいと思ったのは、普段からユーモアの効いたデザインの服を好むためで、それとTシャツなのでどんなものが入っていても何かしら使い道はあると思ったからです。
福袋自体はサイズ別(S、M、Lの3種類だったと記憶しています)になっており、値段も5000円と10000円のものがあったかと思います。記憶は曖昧ですが中に入っている枚数が違ったはずです。私は5000円の物を1袋購入しまして、普段3000円相当のTシャツ3枚が入っていました。中身は黒字に白インクプリントが2枚と白地に黒インクプリントが1枚でした。その内の1着がとても気に入っており、仕事に頻繁に着て行くなど活用させていただいてます。少し周りと違う、ユニークなデザインが好きな方には、中身の当たり外れも激しくないかと。お値段もお買い得だと思いました。
(グラニフイクスピアリ店)

フォローはコチラから!