丸加スカーフ福袋の中身や評判

横浜の名産であるスカーフやハンカチーフなどの老舗メーカー丸加。
実は、年始には福袋の販売もしているんです。

企画、デザインから納品までをすべて行っている、横浜スカーフのメーカー。
横浜スカーフは横浜港ができた頃から続いている伝統ある横浜の地場産業。鮮やかな色合や質の良さは、日本だけではなく海外でも人気だったのだとか。

丸加スカーフ通販サイト

・株式会社丸加の公式オンラインストア

実際に購入した人の口コミやネタバレ

丸加のハンカチーフ・スカーフ福袋を買っている人の口コミです。

「丸加」の福袋を毎年買っています。
店頭で見た事もないハンカチーフやスカーフがたくさん詰まっていて、時折、レアな芸能人のデザインしたハンカチーフやスカーフもあります。「こんなのあったんだ!」のサプライズも楽しみです。
数は半端ですが、布製品のコースター、ランチョンマットもあり、ポーチや扇子、ネクタイ等、布(捺染)製品が多彩です。
「これ、何に使うのかな?」と不思議に思ったりする商品もありますが、工夫して一品作る楽しみにもなります。
自分では手に取らないド派手なデザインや色の商品も、福袋だと使うのが不思議。バーゲン福袋ですが、絹製品もあり全体的に高級感が感じられます。
1袋3,000円で友達や知り合いと買って交換、複数枚ブランド物のハンカチがある場合は、プレゼントすると喜ばれます。
以前、スカーフが流行した年は、ご近所の奥様がたにプレゼントして大盛況。お年寄りは絹製品を喜ばれますので、「絹のスカーフなんて勿体なくて使えないわ…」と仰るお方も。
この福袋を買って、友達や知り合いと分ける時は、「これぞ女子会!」と言う感じで、妙に楽しいですね。

フォローはコチラから!