ニコルのメンズ福袋2018年/中身ネタバレと予約通販

2017年は合計58100円分入っていたとのネタバレも見つけたニコルの2018年福袋情報をお届けします。

ニコルのメンズ福袋2018年

1967年に松田光弘氏をデザイナーとして生まれたNICOLE(ニコル)。
伝統と現代をミックスした「MONSIEUR NICOLE(ムッシュニコル)」、程良いリラックス感のある「vital MONSIEUR NICOLE(ヴィタルムッシュニコル)」、ストリートとモードを合わせた「NICOLE CLUB FOR MEN(ニコルクラブフォーメン)」等、各年代のメンズに人気シリーズを展開。
2017年は50周年という歴史的な年なので福袋も期待できそうです。

ムッシュニコル福袋予約サイト

▼コチラもチェック!
アマゾンや楽天にもニコルの取扱があります。
>>アマゾン
>>楽天市場

ムッシュニコル福袋の中身は?

2017年の福袋は、55,000円相当のアイテム5点で1万円、サイズはMとLの2サイズ展開でした。

2017年の中身一例
・コート
・ニットカーディガン
・シャツ2点
・インナーカットソー
2016年の中身一例
・コート/21000円
・マフラー/7600円
・ワイシャツ/9500円
・インナー/3800円

ムッシュニコル福袋の口コミ・感想

黒皮のダウンジャケットからステテコまで、沢山のアイテムが入っていました。
カーキ色で薄手のジャケットも入っていたのですが、長いシーズン使用しながら重宝しています。色合いやデザインなど、ほとんどハズレなしでした。
一点だけしばらくは着ていたのですが、飽きてきたので古着屋に持っていくと、1000円弱で売れました。本当にお得な買い物だと感じました。
それまでこのブランドの商品は持っていなかったのですが、気に入って、財布を単品で購入しました。(西武高槻店でムッシュニコル福袋を購入)
2015年に朝から並びお目当てのニコルの福袋を買いにいきました。オープンして10分たたずに完売したので早く並んでよかったです。中身はシャツやジャケット、インナーなど上に着る服が多かったです。日頃から着ているブランドなので合わせ方は苦労しなかったのですが、細身のものがあり少しきつかった覚えがあります。きつめの服を着るのは抵抗があるので友達にあげたのですが、友達が着ているのを見るとすごいお洒落だったのであげるのではなく、自分がダイエットなり中に着る服を少なくするなどすればよかったなと後悔しました。
それでも朝早くから並んだことにより、福袋は手に入ったし好きなブランドの服が安く手に入ったのでよかったです。ただ、混雑すぎたので次年度からは買いに行くのをやめました。1度は福袋を買うのもいいとおもいます。(アウトレット竜王)

ニコル福袋予約サイト

>>dファッション
>>楽天市場

▼コチラもチェック!
アマゾンにもニコルの取扱があります。
>>アマゾン
>>楽天市場

フォローはコチラから!