スライ(SLY)福袋2018年/中身ネタバレと注意点!

たっぷり入った福袋は、毎年「当たりハズレ」で騒がれるスライ(SLY)の福袋。

買う前に気をつけたいところもあるので、そのあたりも下の方で書いています。

スライ(SLY)福袋2017年予約開始日は?

ミッシェルクランの福袋の過去の予約状況はこのようになっています。

《予約開始日の参考》
・2016年12月30日〜
2017年の予約開始日はまだ公表されていませんが、今年も10月末から予約が始まると見ています。

スライ(SLY)福袋の中身は?

2016年は11点〜14点、8万円分相当が1万円という驚きのうものでした。

2016年福袋の例
・アウター3枚
・トップス4枚
・ボトムス2着
・スカートシングルコート(紺or黒)
・シャツ
・カットソー2点
・雑貨
アタリハズレが大きいとも言われているスライですが、実際の口コミや感想などもチェックしていきましょう。

SLYの福袋♡
outer 3着、tops 4着、bottom 2着
skirt 2着、onepi4着
104200円+tax分入ってて10800円❣
広告には8万円相当って書いてるけど
10万円分入ってた😍

スライ福袋を買うときの注意点と心構え

一部では「鬱袋」の声もあがっているとかいないとかいう、スライの福袋。実際に、アイテムの個性が強すぎて使えないという声も目にします。

個性的が強いものがおくて、きたろうのちゃんちゃんこみたいな柄のベストや、めちゃくちゃ鮮やかな緑のミニワンピース、メリケンサックのようなブレスレットなど、ネタかと思うような服や小物が多かったです。
勿体無かったので、なんとかコーディネートを考えて四苦八苦しました。母が「あんた間違っても家からその格好で出掛けたらダメだよ。妖怪寄ってくるよ(笑)」。今は笑い話ですが、当時は若かったのでちょっと衝撃的でした。きっと原宿にいるようなオシャレギャルなら着こなせてたと思います。懐かしい思い出です。
かなりトキトキな流行最先端モノだと、東京で着たら浮かなくても地方できると浮いてしまうということがあるのも事実。
スライの福袋はアイテム数が豊富なので、多少は「どうやって切る?」的なモノが入っていることも心しておくほうが良さそう。そういうアイテムは、家でのファッションショーを楽しんじゃいましょう!

実際に購入した人の口コミやネタバレ

口コミ1名古屋駅パッセ店で購入した人の口コミ

コートとアクセサリー(指輪)、トップスなど。
コートはシンプルであったかく、質もデザインも気に入ったのでヘビロテです。指輪もよかったのですが、すぐに失くして落ち込みました。
トップスは奇抜なものもあり、古着屋に売りました。
SLYの福袋はは値段のわりに数が少ないですが、ズハレが少なくて買って損はないと思います。
年にもよりますが、だいたいアウターはアタリかと。(最近は公開されてることが多いですが・・・。
口コミ2
毎年何かと最低1店舗で福袋をゲットしています。
20代は数店舗並んで買っていました。一番多く買ったのはSLYです。事前予約はせず、いつも並んました。
自分のサイズが無イ時は小さいサイズ大きいサイズの購入もありますがこれはほぼ着ませんでした。
カーゴパンツにトレンチコートの福袋が1番の当たりです。これは満足しました。
今でも着る事があり、たまたま友達と同じ物だったのでこれを見るとあの時、人混みの中を必死にかき分けゲットした福袋の事を思い出します。

口コミ3:心斎橋オーパで購入

お正月に1万円で福袋を買いました。
初売りで混んでたのですが、そこまで長時間並ばずに買えました。
中身は、福袋用っぽいスプリングジャケット、リップ柄のニットプルオーバー、プリントのロングスリーブTシャツ。それにスリムクロプトパンツ、ちょっと派手目な幾何学模様のワンピースでした。
パンツは私には小さめだったので友達にあげました!
プリントTシャツとスプリングジャケットはシンプルでコーディネートしやすかったのでよく着ています。柄もののニットプルオーバーとワンピースはちょっと派手であまり着る機会がなく、、でも可愛くてもったいないのでタンスにしまいこんでます。

口コミ4:ネットで1万円福袋を購入された方

・ヒョウ柄のコート(手に取った瞬間、派手すぎてこれは着れない!と思いましたが、モードやロック系のファッションに取り入れると凄く高価なコートに変身しました!)
・ミントグリーン系の薄手のコート(このアイテムが一番使い易く元が取れたと思いました)
・蛍光イエローのニット(これも派手過ぎると思いまし)
・ロゴの入ったスエット
・紺の薄手ニット
・チェックのスカート
その他5点程ありましたが、知人に譲ったのでどんなアイテムだったか覚えていません。。
アイテム数が多く、とてもオトクでした。

フォローはコチラから!