レイジブルー福袋2019年/中身ネタバレと予約通販

HAREの兄弟ブランド「Rageblue(レイジブルー)」の福袋情報です。

レイジブルーの福袋2019年

2017年はチェスターコート入り5点セットで8000円というお得価格だったレイジブルー。

レイジブルーのコンセプトにはアメリカンカジュアルとヨーロピアントラディショナルの融合がありますが、程よいトレンド感と使いやすい価格に助かっている人も多いブランド。

過去の予約開始日から見るに12月前に一度、販売サイトをチェックしておくと安心っですね。

レイジブルー通販サイト

過去の予約開始日から見るに12月前に一度、販売サイトをチェックしておくと安心ですね。

《予約開始日の参考》
・2016年12月1日〜
・2015年12月3日〜

レイジブルー福袋の中身は?

2016年、2017年の福袋はどちらも15,000円〜20,000円相棟のアイテムが5点入って8,000円。サイズはMとL。
10,800円のメンズブランド福袋が多い中の8,000円は、さすがお得なレイジブルーと言う感じです。

2017年の中身
・チェスターコート
・ハイネックニット
・パーカー
・ハイネックカットソー
・ニット帽
2016年の中身
・MA1(カーキ or ネイビー)
・ニット(黒 or グレー)
・カットソー
・チェックシャツ(赤 or 緑と青)
・マフラー(黒 or グレー)

流行りのMA1が入っているのはポイント高いですよね。Rageblueの福袋は、2015年までは5000円でアウターなしだったのですが金額が上がった分、中身もボリュームアップしている感があります。

レイジブルーはトレンド感を抑えながらもキレイめの着こなしができるブランド。ファッションが好きな高校生・大学生から社会人のカジュアル着としても幅広く支持されています。

レイジブルーの口コミやネタバレ

口コミ1:札幌駅ステラプレイス店で福袋を購入された方

福袋を購入した際に入っていたのは、まずはアウターでMA-1が入っていました。ブラックのMA-1はもうすでに持っていたのですが、定番色であるカーキは持っておらず、入っていたものがカーキ色でかなり良かったです。
続いて、トップスであるタートルネックが入っていました。色は白色で着回しの効くアイテムではありますが、自分自身首が長くなく似合わないため使うことのないアイテムで少しがっかりでした。
タートルネックは友人に譲りましたが、アウターであるMA-1は長く愛用できそうで得したものでした。

口コミ2

イオンなどショッピングモール ページブルーは、若く見えるけど、奇抜さはないデザインが気に入っています。
ただ、細身のラインも多いので、お腹が出はじめて最近は辛いところもあります…冬物のニット系もボリュームが少なくみえますが暖かく、機能性も優れています。
ユニクロやしまむらなどファストファッションに毛が生えた値段帯で買えるのが最も大きなメリットかなと思っています。
ちなみに嫁さんは同系の女性ブランドが好きなのでその影響も大きいですあまり安売りしないのも好感がもてます。
定価で買ったのが半額になってたらかなしいので。今後も末永く、愛用したいブランドです!!

フォローはコチラから!