ルノンキュール福袋2019年/予約方法と中身ネタバレ

Lugnoncure(ルノンキュール)2019年福袋情報です。

ルノンキュール福袋2019

ベーシックで使いやすいアイテムがたくさんあるLugnoncure(ルノンキュール)。着回しの効くデザインだから、福袋は毎年大人気です。

ルノンキュール福袋の中身は?

2017年のルノンキュールテチチ福袋は、アウター入りで5点8,640円

・フードコート
・デニムシャツ
・ケーブルニット
・Vネックプルオーバー
・リバーシブルスカート

4点以上で8,640円だった2016年。福袋の中身はこんな感じでした。2018年の新春福袋も同じくらいとなりそうですね!

2015年のルノンキュール福袋

2015年の中身
・裏キルトミリタリーブルゾン
・裏毛ロゴプリントトレーナー
・裏毛タイトスカート
・チェック柄シャツ
・無地クルーネックニット
・天竺ボーダーカットソー
合計6点税込10,000円
天王寺MIO店福袋2015年の中身
・ジャケット
・セットアップ(上下セット)
・チェック柄シャツ(定価3500円)
・無地クルーネックニット(定価5500円)
・天竺ボーダーカットソー(定価3500円)
合計5点税込10,000円

ルノンキュール福袋通販サイト

過去の予約状況はこのようになっています。2017年も12月初旬が狙い目です。

《参考》
2016年12月1日〜/2015年12月3日〜事前店頭予約&福袋詳細公開/
2014年12月4日〜9日まで

ルノンキュール福袋の口コミやネタバレ

福袋の中でも中身が微妙に異なり、店頭で少し隙間を開けてもらって見えた中身で判断して買いました。中にはボーダーのワンピースやチェックのシャツなど、使いやすいアイテムが入っていて、買ってよかったと思っています。
ルノンキュールで普通に洋服を買うと福袋の金額で2着程度しか買えないのですが、アウターも入っての8000円だったのでお買い得でした。
昔1回違うお店で買ったときは、いかにも安っぽい、使いにくい色の洋服ばかり入っていたのですが、ルノンキュールはベーシックで必ず使えるアイテムばかりでした。家族でも着回し出来ると思うので、オススメです。(名古屋パルコのテチチ)
色使いやテイストが好きです。
流行りのものでも、捻りというか、独自のデザインで、被らないんです。少し値段が高いけど買えない値段ではないので、お仕事なので着るにはピッタリです。かなり個人的すぎますが、私が拘って探してるものがこのお店には結構売ってることが多いです。他のお店にはないんですよね。
名古屋や大阪に用事などで行くと、駅ビルなどにこのお店が入っているので、ふらっと寄ってみることが多いです。そして、だいたいは一目惚れする服があるので購入してしまいます。田舎には入ってこない服がたくさんあるんです(笑)(イオン鈴鹿店)

フォローはコチラから!