鶴屋の福袋2018年/中身ネタバレや予約方法

熊本の鶴屋百貨店の2018年福袋情報です。

鶴屋(つるや)福袋2018

2016年の初売りには、10万人以上の人が来店したという人気ぶりです。朝早くの寒い時間から数時間並んで福袋をゲットしたなんて口コミも見かけます。

鶴屋百貨店は、熊本の福袋なだけに過去「くまモン」の福袋も販売されています。

実際に購入した人の口コミやネタバレ

鶴屋で子供服の福袋を購入した人の口コミです。

ジャンパー。子供服は高いので年に一回福袋でまとめ買い。
特にジャンパーは小さいのに1万円〜2万円で、ズボンやマフラーなども込で1万円で嬉しかったです。
マフラーも子供が気に入って使用、品物がいいので肌触りもよかったのでしょう。ほつれてボロボロになるまで離しませんでした。
ジャンパーも成長して小さくなると、お下がりで弟に。普段はスーパーのバーゲン品で間に合わせていましたが、年に一度の福袋購入は唯一の贅沢でしたので、家族ではりきりました。