笑えるヤツが最後に勝つ!ヴィレッジヴァンガード(ビレバン)福袋2018年8中身ネタバレ

一般的な福袋とはちょっと違う感覚で買いたいのが、ヴィレッジヴァンガード(ビレバン)の福袋。

もはやネタと運試し!

何でもネタにできる人の人生は楽しいものです。

今は中が見える福袋もありますが、こんな時代、ネタ満載の福袋があってもいいのでは。

ドキドキ感、開けた時のショッキング感、そして話のタネにまでなってしまう、これこそ福袋の醍醐味。

おみくじよりもリアルな年明けの運試しを試してみてはいかがでしょうか。

ヴィレッジヴァンガード(ビレバン)福袋の中身は?

ヴィレヴァンの福袋に関して、細かい説明は要らないと思います。実際に買った人の口コミや中身、様子をみてみてください。

>>ヴィレッジヴァンガードAmazonサイト

実際に購入した人の口コミやネタバレ

ちょっと長いかもですが、明らかに他の高級ブランドとは一線を画す、本気な遊び心のあるヴィレヴァンの福袋の特徴をお楽しみください。

口コミ1:毎年運試しに買われている方

毎年、運だめし気分で買ってます。
中身は使えるものが1つでも入っていればいいかな?と思うくらいハズレばかりですが、福袋に付いているポップ目当てで購入しています。
ちなみに、初めて買った福袋についていたポップは「当たりかハズレなら間違いなくハズレ!」というポップ。
中身はゴム製の青いトイレマットに、ムキムキの胸板のプリントされたエプロン、そして大道芸で使われるディアボロというコマ。たしかにハズレで、捨てずに今でも残っているのはディアボロだけ。しかし、そんなディアボロも私はうまく扱えず、押入れの奥にしまわれています。
もちろん、当たりの福袋だってあるんですよ。
私はまだ当たったことないですけど、友人はスーパーファミコンのソフト詰め合わせが当たったことがあると言っていました。私は当たりを買うまで、毎年このガラクタが詰まった福袋を買い続けます。

スーパーファミコンのソフト詰め合わせが当たりなのかはよく分かりませんが、当たりが出るまで書い続けるその忍耐に乾杯です。

口コミ2:もはや福袋の中身に期待することすら諦めている潔い方
高校生か大学生の時なはず。
ユニークな雑貨が好きで、よくヴィレッジヴァンガードに行っていました。
福袋があるのは知らなかったので、見つけた時は血が騒ぎました。ただでさえ個性的なお店なのに、ましてや中が見えない福袋ですから。
買って開けてみると…曲者アイテムばかりが入っていました。
まず、ゲロを吐いている動物のキーホルダー。おそらくオオクチバシか、南国にいそうなバナナのようなクチバシをした黒い鳥が、ゲロゲロと何ものかを吐いています。
そんな感じの動物たちが数点…。ぬいぐるみのようなフカフカの質感で、大きさもバッグチャームにピッタリですが、着けていく場所がありません。
次はフォトフレームです。
黒枠のいたってシンプルな、大き目のフレームです。複数写真をいれて飾るのによさそうです。
しかし中の台紙の様子がおかしい。アメコミ調のイラストで、少年がお祈りをしている横で母親とおぼしき女性がなにやら注意しています。「Yeah, Man(ヤーメン!)じゃないでしょ!Amen(アーメン)でしょ!」という寒いダジャレでした。
中身は置いといて、この福袋を買って良かったことは、後日友達にお披露目してみんなで爆笑したことです。「何につかうのー!?」とみんなで大騒ぎして、自分だったらどう使うか話し込んだりして、楽しかったですね。
福袋といえば思い出す人生で一番インパクトのある福袋でした。
「中身は置いといて…」!!!
この感想を書いた人の器の広さが垣間見られます。
損した得した、元が取れた。
それよりも楽しんだもん勝ち
そんな笑い飛ばせる人生に、幸あらんことを。
最後に、微妙な口コミを紹介して終わりたいと思います。
口コミ3
「ヴィレッジヴァンガード」の中でも、ちゃんと使えるものが入ってそうな「生活用品」の福袋(確か3500円)を購入しました。
家電量販店にはなさそうな謎のメーカーの空気清浄機、すぐに折れそうなほうき・ちりとりセット、サイズが中途半端なポケットティッシュ用ティッシュケース…など大半が使えそうで使えない雑貨品が詰められていました。
「ヴィレッジヴァンガード」の福袋は、ネットどころか店員が書いている店内POPでも当たりはずれの差が激しい言われていましたが、正直はずれのほうだったと思います…
(ちなみに福袋の中身の商品はほぼすべて後日リサイクルショップへ持っていきました)
仮にはずれだったとしても、「ヴィレッジヴァンガード」らしい笑える商品が入っている「バラエティ」の福袋を買うんだったと後悔しています。