soe(ソーイ)福袋2018年/中身ネタバレと予約通販

soe(ソーイ)の福袋情報です。

soe(ソーイ)福袋2018

伊藤壮一郎さんのジャパンブランド「soe(ソーイ)」。
モノトーンをベースに、洗練されたリアルクローズなアイテムがおしゃれ。ソーイの福袋は毎年即完売してしまうので要注意です。

soe(ソーイ)福袋予約サイト

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-01-21-44-01

コートやブルゾンなどのアウター類を中心に、シャツ、ニット、パンツや小物などが入った、毎年好評で即完売する、soe唯一の福袋

2017年12月2日17時〜販売スタートです。

>>フジイダイマルUROKO
※12月12日に再入荷しています。

福袋の中身は?

2017年の福袋は32,400円。
アウターメインに、ニットやパンツ、シャツ等が入っています。

ソーイは1点1点がしっかりとした作りで安っぽくないブランドだからこそ、32,400円でこれだけのアイテムが入っているのは嬉しいところ。

お届けは1月2日以降。
ソーイは、フジイダイマル以外での福袋通販をみたことがないので、いつも早々に売り切れています。

>>フジイダイマルUROKO

《予約開始日》
2017年12月2日〜/2016年12月3日〜

《福袋コラム:紳士服のベルサーチの福袋》
バブル時代の話ですが、DCブランドが流行っていて彼氏と紳士のベルサーチの10万円の福袋を購入。中身は黒のジャケット、チェック柄のシャツなどで他にもありましたが、思い出に残っているのはその位です。
彼はその黒いジャケットを暫く使用するも、急に太って着れなくなり私の弟にあげました。さらに、そのジャケットを車に乗せておいたら車上荒らしに遭い盗まれました。
チェックのシャツは私が気にいって着用、ボタン一つ一つにベルサーチの柄が入っており、クリーニングに出してなくされるのは嫌だったので、家で洗濯していました。
結構着用してからの話ですが、ずっと気にいって大切に着ていたのに、ある日父が洗濯をするときに自分のシャツの襟に漂白剤を使用し洗濯した結果、見事に白黒チェックの柄が白、茶色のチェックにまだらになっていました。福袋というとこの2つは印象的でした。

フォローはコチラから!