アンディコール福袋2019年/中身ネタバレと穴場サイト

ナチュラルでベーシックでありながらも、しっかりトレンド感のあるアンディコール(un dix cors)。福袋には、例年使いやすいアイテムが入っています。

アンディコール福袋2019年

2019年福袋はこの4点!

2019年福袋
・トレンチコート
・フード付きパーカー
・ニットプルオーバー
・ファースヌード
2017年の福袋はナシでしたが、過去には64,800円相当のものが入って10,800万円というかなりおトクなネタバレ情報もありました。
2016年の福袋(10,800円)
・チェスターコート
・長袖カットソー
・ボーダーニット
・スカート
◎合計5点55,000円相当!

アンディコール(un dix cors)の服は、1点1点の値段が高めなので4点も入って1万円はかなり使えます。

アンディコール(un dix cors)福袋予約サイト

2018年12月4日(火)12時〜
>>アイルミネ
※福袋ページにあります。
売り切れの場合は「お気に入り」登録で再入荷情報がメールで届きます。アンディコール福袋は、販売がなかった年もあるのですぐに無くなりそうですね!

福袋の過去の予約状況はこのようになっています。

《参考》
・2015年12月8日〜iqonにて予約開始
・2016年は福袋販売ナシ
・2017年12月1日〜公式サイトにて
・2018年11月29日〜公式サイトにて

アンディコール福袋の口コミやネタバレ

実際にアンディコール(un dix cors)の福袋を購入した人の口コミです。

お気に入りのお店ですが、地元にはないのと、売り切れて防止のためにネットで事前予約しました。
「ベージュのニット、白と紺のコンビワンピース、黄色と黒のチェックのショートパンツ、そしてグレーのミモレ丈のスカート」です。4点セットで1万円位だったと思います。
1着買うだけで1万円は軽く超えるブランドなので、この価格とボリュームには満足しました。
ただ、着こなし上手でなかったのと足を見せる自信がないので、ショート丈のパンツとミモレ丈のスカートは結局一度も着ませんでした。
ベージュのニットは何度か着ましたが、私の顔に色が合わず、タンスの肥やしに。
白と紺のワンピースだけは、丈感、見た目共に良く、結婚式の二次会にも仕様。
4点の内、1点しか使わなくなりましたが、1点だけでも重宝するものが手に入って良かったなと思っています。
 ブログなどで公開されている写真を見ると、ベーシックで使いやすいアイテムですよね。すぐに売り切れてるので、アンディコール(un dix cors)好きな人は予約が1番安心です。
2018年の福袋は「体験型」が人気なのだとか!
東北のイオンでは「雪の灯籠作りと極上の会津を満喫する旅」福袋や、人気レストラン「アルケッチャーノ」の「奥田が教える美味しい食べ方」福袋なんかも販売されているとか!
阪急うめだではファッションショーのドレスモデル体験ができる福袋が出ていますが、コレはやっぱり憧れちゃいます…!

フォローはコチラから!